【雇用保険の適用要件が追加されます】令和3年1月1日以降、自営業等を営んでいる方も適用要件に当てはまる場合「雇用保険」の該当となります

TOP
TOP : 【雇用保険の適用要件が追加されます】令和3年1月1日以降、自営業等を営んでいる方も適用要件に当てはまる場合「雇用保険」の該当となります
投稿者 : matsuuracci 投稿日時: 2020-12-28 13:55:46 (216 ヒット)

令和3年1月1日以降、従業員の方が自営業を営んでいる場合等(※1)であっても、労働条件が雇用保険の適用要件(※2)を満たしている場合は、
従業員としての収入と自営業等による収入のどちらが多いかに関わりなく、雇用保険被保険者資格取得届の提出が必要になります。
(※1)自営業を営む場合のほか、他の事業主の下で委任関係に基づきその事務を処理する場合(雇用関係にない法人の役員等である場合)を含みます。
(※2)1週間の所定労働時間が20時間以上であり、かつ、31日以上の雇用の見込みがあること。

【以下の点にご留意ください】
・従業員として勤務しつつ、自営業を営んでいる場合等であっても、勤務していた会社を離職することとなり、同時に自営業等による収入もなくなってしまう
可能性はあります。そうなってしまった場合に、失業等給付を受給できないという事態を避けるため、労働条件が雇用保険の適用要件を満たしている場合は、
従業員としての収入と自営業等による収入のどちらが多いかに関わりなく、雇用保険被保険者資格取得届を提出し、雇用保険に加入していただく必要があります。
・雇用保険に加入していた場合であっても、離職後に、自営業に専念するため求職活動を行わない場合、代表取締役に就く(就いている)場合、会社の役員として
一定以上の収入がある場合などは、失業等給付を受給できない場合があります。

詳しくはこちら↓
【事業主・社会保険労務士・労働保険事務組合の皆さまへ】
をご覧ください。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。